愛する婚約者に売り飛ばされた美人花嫁 吉沢明歩



「も、もう許して…これ以上されたら…私、感じすぎて頭がおかしくなりそうなんです。」幸せにしてくれると言ったその言葉だけを支えに自分を犠牲に見知らぬ男たちへ美体を捧げるが…。「その顔を醜くするにはどうしたらいいかなぁ。」闇金業者のエスカレートする要求、そして連帯保証人となった明歩を待ち受けていたのは愛する人の目の前で犯されるという精神的に耐えがたい屈辱だった。






TOP頁