「実は私、処女なんです。」厳格な家庭で育った箱入りお嬢様が婚約者についた嘘を本当にするために1本限りの奇跡のAVデビュー 君島佳子



28歳で処女の君島佳子さん(仮名)は「結婚するまで性行為をしてはいけない」という厳しい規律のある家庭で育てられたお嬢様。来年結婚予定の婚約者には男性経験があるとつい嘘をついてしまった。その嘘を本当にするためにAV出演で処女喪失を決意。チンコを見るのも触るのも初めての佳子さんはキスしただけで濡れてしまうドスケベさん。そしてキツイ濡れまんこにペニスが姦通される…。






TOP頁